糖質制限とケトジェネシス

第7回 イヌイットは、かつては完全脂肪食だった

イヌイットはかつては完全脂肪食だったというのはご存知でしょうか。

イヌイットはエネルギー源の50〜70%をケトン体から得ていた

胎児や新生児が脂肪をエネルギー源にしていることを第6回のブログで述べました。

そして、実は、かつてのイヌイットは完全脂肪食(アザラシやクジラのみが食料)でエネルギー源の50〜70%を脂肪代謝産物であるケトン体から得ていました。

過度に糖質の多いものの摂取でイヌイットにも癌ができた

しかし、近年では都市化が進み、イヌイットも食の欧米化で生活習慣病が激増しているとのこと。

誤解のないようにお断りしますが、食の欧米化とはファストフードとして得られるハンバーガーやピザ、フライドポテト、コーラなど過度に糖質の多いものを食することを言っております。

また、特筆すべきはイヌイットの人々にはかつてなかった癌が出てきたこと。糖質過剰摂取はまさに万病の元です!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 第95回 インフルエンサー池上彰氏の虚言

  2. 第94回 讀賣新聞も財務省の広報官

  3. 第93回 糖質制限食の再考

カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31