経済

62回 矢野財務事務次官論文の問題点-評論家中野剛志氏

10月22日、Diamond on Lineへの投稿で、評論家の中野剛志氏は、矢野財務事務次官の文藝春秋への投稿、「財務次官、モノ申す『このままでは国家財政は破綻する』」の問題の本質は2つあると指摘しておりますので、要旨をご紹介します。

 

1つ目は、日本の財政が悪化するというメッセージを世界に対して送ると、日本国債の格付けが下がり、長期金利の高騰を招いて、日本経済全体に悪影響を及ぼすと言いながら、そのメッセージを送っているのは、ほかならぬ矢野次官自身だということです。

もし我が国の財政が本当に破綻に向かっているならば、「財政をあずかり国庫の管理を任された立場」である財務事務次官が「日本の財政は破綻に向かっています」などというメッセージを送ったら、金融市場が即座に反応し、日本国債は一斉に売りに出され、金利が高騰することになってしまいます。

本来、「財政をあずかり国庫の管理を任された立場」の者は、金融市場への影響、さらには日本経済全体への影響を十分に考慮し、その発言には慎重でなければなりません。

ところが、矢野次官は、あろうことか、異例の強さで「このままでは、日本の財政は破綻する」というメッセージを発してしまいました。

これは、官僚が政治家に対して異論を唱えたなどということよりも、はるかに重大な問題で、積極財政論者のみならず、健全財政論者であっても、批判すべき問題のはずです。

 

2つ目は、第57回や第61回のブログでも述べた通り、我が国の政府債務は増加の一途を辿っておりますが、長期金利は低下傾向にあり、ここ数年は0%です。

この金利の動きについて、矢野次官はどう説明するのでしょうか。

日本が財政破綻に向かっているのなら、どうしてこのようなことが起こっているのか、矢野事務次官は、論理一貫した説明責任があります。

2002年に財務省が主張した通り、自国通貨建て国債を発行する日本政府が、破綻することはないからこそ、矢野次官の論文にもかかわらず、金融市場は反応せず、長期金利は高騰しませんでした。

このことは、矢野次官の「財政破綻論」の間違いを自らが証明したことになります。

従って、矢野次官の論文の問題とは、端的に、「このままでは国家財政は破綻する」という主張が間違っているという点にあり、官僚が政治家に対して異論を唱えたことが問題なのではなく、その異論が間違っていることこそが、真の問題なのです。

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 第95回 インフルエンサー池上彰氏の虚言

  2. 第94回 讀賣新聞も財務省の広報官

  3. 第93回 糖質制限食の再考

カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31